バリバリ薬剤師でがんばるぞ

v0xgkoxm.exblog.jp
ブログトップ

碧南市のマツ 「樹齢500年」実は200年 伐採で判明(毎日新聞)

 樹齢約500年として愛知県碧南市の天然記念物に指定されていた西方寺(同市浜寺町)のクロマツが枯死のため伐採され、幹の年輪を調べたところ樹齢約200年と判明した。長い間に誤って伝えられた模様だが、関係者は困惑気味だ。

 クロマツは高さ約10メートル、枝の広がりは25メートルほど、幹回り3メートル余り。一部が仏の姿に見えることから「弥陀(みだ)の松」と呼ばれて信者や住民に親しまれ、1975年に市の天然記念物に指定された。

 昨年秋から葉が黄土色に変わり、松食い虫の被害と判明。市の補助で薬剤散布などを繰り返したが、4月に枯死と診断され、今月7日に伐採された。幹の一部を切り取り、名古屋工大の研究室で年輪数を調べた結果、198だった。

 調査した同大都市社会工学科の庄建治朗助教(工学博士)は「樹齢の判定は幹に直径5ミリの穴を開けてみる成長錐(すい)やレントゲンによる方法が有力。伝承や外形だけの判断は難しく、誤差も珍しくない」と話す。天然記念物に指定した碧南市教委は「伝承を基本にした判断なので、ある程度の誤差はやむを得ないが、300年も差があるとは」と困惑した様子。

 清澤聡之住職は「1496年に寺が現在地へ移った記録があり、そのころ植えたのではと思ってきた。現在の本堂は1800年から20年がかりで建てられたと記録されており、樹齢200年ならその時の記念植樹かもしれない」と首をひねっている。【安間教雄】

【関連ニュース】
<こちらは樹齢2000年以上>ニュージーランド:巨木タネ・マフタ
<こちらは樹齢40年>東京・銀座 資生堂に電飾ツリー
<こちらは樹齢1500年>日本三大桜が満開に
<こちらは樹齢90年>満開のソメイヨシノ
<関連記事>女子体操:中国選手の年齢詐称疑惑、00年五輪も調査

【高速道路新料金】本当はどこまで無料化されるのか(レスポンス)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
内閣不信任、問責を検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)
<横浜弁護士殺害>車に前野さんの血痕 不明の男を指名手配(毎日新聞)
[PR]
by 7u096assqg | 2010-06-19 02:15